カカワクワディーゴ+ブログ

カカワクワディーゴのブログです。各公演ごとの稽古場日誌や情報をメンバー共通で更新していきます。

カカワクワディーゴ+ブログ

カカワクワディーゴ次回公演
2016年9月予定
第15回公演『ペンタグラム』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

次回公演『ペンタグラム』スタート

諸事情により小屋が決まっていないのですが。。
今年は9月に本公演の予定です。

第15回公演『ペンタグラム』
劇団古田工務店の柳沢拓さんを客演にお招きして。サノと2人芝居です。

またいろいろ決まり次第お知らせいたします。
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|ペンタグラム|2016-04-21_11:05|page top

『シーラカンス』2015記録写真

こっちのブログが一応は劇団公式ということになっているのに。。
更新サボっていてごめんなさい

シーラカンス 再演バージョン
記録写真はフェイスブックの中に入れています。

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.476397199199003.1073741835.191576211014438&type=1&l=26474e536b

なんと
公演自体の写真を撮り忘れている。本当に忘れていたんです。余裕が無さ過ぎました。

再演というものは初めてでしたが、今よりずっと若い私が書いた本、今だからできることや判ることも多くて、やって良かった、やれて良かったと思いました。

またやってみたいと考えています。
稽古場に見学に来てくれた役者さんと、自分がやるなら?という話ができたり。妄想は果てしなく楽しい。
幾らでも出来る本だと思っています。
comments(0)|trackback(0)|シーラカンス2015|2016-04-21_10:58|page top

シーラカンス CM再度

劇場へのご案内を追加しました。

***

海の底の人魚はピアノ弾き。
第14回公演『シーラカンス』11月6日(金)~7日(土)

日時:2015年11月6日(金) ☆17:00〜 / ★19:30〜
             7日(土) ☆14:30〜 / ★17:00〜
                   ☆19:30〜
※☆と★でキャストが異なります

代々木の森リブロホールにて
小田急線参宮橋駅から徒歩5分
★参宮橋駅の改札を出て右折、坂をのぼって参宮橋交差点の横断歩道を渡って左折、大通りにあるローソンの次の道を右折、その先の右手側にあります★


料金:前売1500円・当日1700円
    ☆★ダブルチケット2200円
※キャストの異なる公演をそれぞれご覧いただける場合はダブルチケットがお得です
※一番下の予約フォームからご予約ください

作・演出:コウヅエイコ
出演:サノミホ(☆) / 川澄流一(★・不等辺さんかく劇団)
    ピアノ 梶田美緒

ご予約はこちらからどうぞ!

ダブルチケットでご予約のお客様は、初回にご覧いただく日時でご予約いただき、備考に2度目の日時をお書き下さい。
comments(0)|trackback(0)|シーラカンス2015|2015-10-25_19:21|page top

第14回公演『シーラカンス』ご予約スタートしました

海の底の人魚はピアノ弾き。

Coelacanthus_omote.jpg  Coelacanthus_ura.jpg

稽古スタートは来月からですが、台本は随分前に渡しているのでなんだかずっと船に乗っていたような気がします。

日時:2015年11月6日(金) ☆17:00〜 / ★19:30〜
             7日(土) ☆14:30〜 / ★17:00〜
                   ☆19:30〜
※☆と★でキャストが異なります
代々木の森リブロホールにて
料金:前売1500円・当日1700円
    ☆★ダブルチケット2200円
※キャストの異なる公演をそれぞれご覧いただける場合はダブルチケットがお得です
※一番下の予約フォームからご予約ください

作・演出:コウヅエイコ
出演:サノミホ(☆) / 川澄流一(★・不等辺さんかく劇団)
    ピアノ 梶田美緒

ご予約はこちらからどうぞ!

ダブルチケットでご予約のお客様は、初回にご覧いただく日時でご予約いただき、備考に2度目の日時をお書き下さい。
いろいろ楽しみです。
comments(0)|trackback(0)|シーラカンス2015|2015-07-25_00:35|page top

シーラカンス再 静かにスタート

今となってはチェックしている方もほぼ皆無かと思われるブログですが。
ひっそりしているからこそ連ねることが出来る文章もあるのではないかと、フェイスブック、ツイッター、ブログの3つを比べた時(個人の方で)思ったのです。と、いうわけで、去年エックスジジョウの時にだいぶ放置してしまった反省も含め、出来うる限り、小まめに更新していこうと思います。

再演というものを初めてしてみようと思います。
やっとホール向きのものを書いたね、という感想が内部からもあったのをよく覚えている、自分でもとても好きな作品です。
シーラカンス。
よく覚えているのですが、これは美術館の学芸員として働き始めてすぐのころに書いたもので、電車の中でミニノートパソコンを片手で持って、もう片方の手で打って書きました。安物だったのですぐぶっ壊れてしまいましたが、このパソコン買ってよかったと思いながら書きました。今だったらアイフォンで書くけど、だって2008とかだからね。

アンデルセンの物語はとても好きです。変人ぶりにも少し共感を覚えます。人魚姫のお話、えんどう豆の上に寝たお姫様、ハートの兵隊、うん。やはり子供のころに読んで心に残っているのはアンデルセンがかなり多い。
中でも人魚姫は特別。アンデルセンの物語には、だいたい衝撃を受けていた子どもの頃のあたしですが、人魚姫にかなう物語は無いな。だって!

シーラカンス、人魚姫のお話です。そんな風に宣伝しやすい、今までの物語に比べると本当に端的に言いやすい芝居という特徴もありました。
役者一人にかかる負担が半端ないということも、これが一番かなと思います。
ピアニストと役者1人の音楽劇、、、音楽劇って言っていいのか?判らないけど、これは、私は個人的には、ホール向きではない要素もすごく多いと思っていて、だから違うところでもう一度やってみたいとも思っていました。
反対に、ホールでやったらどうだろう、と思ってもう一度やってみたい芝居もありますが、ひとつひとつやっていこう。。

前回はキタザワマリ、サノミホのダブルキャストでした。今回はサノミホと、川澄流一さんという方に客演をお願いしました。昨年、共演(絡みはほぼ無かったけど)させていただいた際に、ふと、観てみたくなったのです。まったく別のルバートを。

同じ曲が違って聴こえる。それがシーラカンスのテーマ、テーマでいいのかなんなのか、とにかくそれがシーラカンスなのです。

やっと、どこでやるか決め、タイムテーブルも作り、とはいえまだまだ未定と仮のオンパレードではありますが、ほんの少しだけ改訂もして、静かにスタートしています。ちょっと、最初にやろうとしていた場所、仕事のこととかでぐずぐずしていたら埋まってしまって、うわー!こうなったらまたヴィータホール?ぎょえーーーすべて考え直し?!とか思って一応相談などもしてしまったのですが、やっぱり違うところでやってみたくて、そしたら結果おーらいで見つかりました。木曜は会議だから謝らねば、、、すみません、我が儘で。
川澄さんの方の演出は大体、決まっていて、サノはどうしようかなあと思っています。希望はあるんだけど、どうしようかなーと思っていることがあり。。

もうほんと一人で抱えてても無理なので!無理って言わないって昔は口癖だったけど最早、無理!むり、ほんと、もっとちゃんとやっていくには、もっともっと欲望を口にして、欲望のままに貪欲に、ただし誠実に、だけど計算高く、頑張ってちゃんとしないと。

ピアノは絶対同じ方にお願いしたい(というか、そうじゃなかったら出来ない)ので、やろうやろう、って言ってくれてとても嬉しかったです。
さあ、どうなることでしょう。

シーラカンス、二度目の発見は、最初の14年後だったらしいです。どんな風に奏でられるか、私が一番楽しみにしているかもしれません。
comments(0)|trackback(0)|シーラカンス2015|2015-06-14_21:12|page top

『エックスジジョウ』公演記録写真

忘れていたことにやっと気付きました。

『エックスジジョウ』
1人の役者と脚本家の話。描かれないけど。
例えば何だっていい名前のお話。
原爆とスパイのお話。描かれないけど。
Xイコールの解が出ないお話でした。

こちらからどうぞ
comments(0)|trackback(0)|エックスジジョウ|2015-06-04_21:40|page top

第13回公演『エックスジジョウ』スタートしています

第13回公演『エックスジジョウ』

xxomote.jpgxxura.jpg

久しぶりにハガキDMです。
(ミスありませんように。。綺麗に出ますように。。もう、祈る。本気で。もう入稿しちゃいましたからね)

ご予約はこちらから
携帯端末からはこちらからどうぞ
comments(0)|trackback(0)|エックスジジョウ|2014-10-06_21:11|page top

『バッテン』ご来場ありがとうございました

ばあと、てい。
ばあの90ねん。

いったりきたり。

教科書のなか。ここにばあがいる?いるっちゃいるし、おらんっちゃおらんたい。

不便な場所、劇場ではない小屋、なぜ此処で?なぜ蚕?なぜ同級生で?沢山の偶然が詰まっていました。全てに感謝です。
comments(0)|trackback(0)|ルーディ|2014-03-10_21:49|page top

第12回公演『バッテン』

あっという間に本番前。。
最近このブログの存在を忘れてます。

第12回公演『バッテン』
xomote.jpg  xura.jpg

1時間するかしないか、という長さです。辿りつくまでに時間がかかるであろう、どこにあるのかしらと思う場所ですが、たぶん、コウヅも迷わず行けたので大丈夫ではないかと思うのです。
JR中央線の武蔵小金井駅から徒歩だと、けっこうたっぷりあると思います。京王線の府中駅、調布駅からバスが出ています。前原町というバス停で降りて、自動車学校を右手にみて少し進むと幼稚園への看板があるので、そこに沿って歩くと素敵なステンドグラスのドアのおうちが見えます。そこです。

map (バッテン)

なんだかとってもこぢんまりとしていますが、30歳記念だったりします^^
少しでも気になった方は是非、ご連絡下さい。
comments(0)|trackback(0)|バッテン|2014-02-25_18:43|page top

ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。